歯周病の進行段階

歯周病の進行段階

歯肉炎

歯肉炎

歯茎が赤く腫れたり、歯茎から出血します。

自覚症状はほとんどありません。


軽度の歯周炎

軽度の歯周炎

歯肉炎と同じような症状を伴いますが、
骨が溶け始めている状態です。
歯周ポケットの目安が3mm〜5mm程度です。
軽度の歯周病の症例はこちら

中度の歯周病


中度の歯周病

歯茎が下がった気がする、歯に隙間が出来てきた気がする、歯が浮く感じがするといった症状が感じられます。
この時には歯周ポケットの目安が5mm〜7mm程度に進行しています。
中等度の歯周病の症例はこちら

重度の歯周病

重度の歯周病

歯と歯茎の間から膿が出てくる、歯がグラグラする、進行が進んでいると歯が抜けてしまったりします。
歯周ポケットの目安が7mm以上ある場合は重度の歯周病です。

診療予約・お問合せはこちらから

診療予約・お問い合わせ03-5988-2338

お問い合わせフォーム

診療時間
10:00~13:00--
13:00~14:00------
14:00~17:00--
17:00~19:00---
19:00~21:00------