電話:03-5988-2338 ご相談・お問い合わせ たかはし歯科医院ブログ ~歯周病から歯を守るために~

●ホーム●診察・治療>●インプラント

たかはし歯科医院 インプラント

インプラントとは?

たかはし歯科医院 インプラントインプラントとは、歯の失われた部位の顎の骨の中に、人工的な歯の根を埋め込みその上に人工の歯を取り付ける治療を言います。

現在ではチタンという金属を材質にしたものを使用し、このチタンが骨と結合する(オッセオインテグレーション)性質を利用しています。

入れ歯のように歯茎に義歯を乗せるだけの方法と異なり、使わない顎骨が痩せるという心配もなく、また、従来のブリッジのように、健全な歯を削る必要がありません。
インプラントを装着した後は、痛みや違和感を伴わずに、歯本来の機能を保つことができます。

インプラントは、入れ歯・義歯と違い自分の歯で噛んでる感覚がありますので、今後ますます増える治療方法です。

インプラント治療のご質問やお問い合わせなどは、お気軽に当医院にご連絡ください。

インプラント治療について

たかはし歯科医院のインプラント治療は、まず歯周病の精査を行い、歯周病を治療すことから始めます。

これは、歯周病を治療しないでインプラント治療を行うと、インプラントが定着しない、または歯肉が退縮したり、せっかく入れたインプラントが感染をおこし抜けたりする場合があります。
さらに、*インプラント周囲炎という病気も起こしやすくなります。
その他、顎骨の状態により特殊な手術が必要となる場合は、外科専門の歯科医師と連携して治療いたします。

インプラントは治療後の定期検診が大切です。

当院は歯周病専門歯科医院ですので、インプラント治療後も的確に歯周病・インプラントの状態を検査しております。

インプラント周囲炎とは?

インプラント周囲炎とは、インプラントが歯周病と同じような症状になることです。
インプラント治療後の歯ブラシが不十分になると、汚れは歯肉とインプラントの境目から内部に侵入していきます。
この汚れは歯周病細菌と同様の細菌です。(天然歯に見られる歯周病細菌とインプラント周囲に見られる細菌が同じで、症状も似ています。)
初めはインプラント周囲の歯肉が腫れ、その後インプラントを支えている歯槽骨を吸収してしまいます。
最終的にはインプラントが動揺(ぐらぐらになる)し、撤去することになります。
人工物であるインプラントには神経が通っていないため、初期の段階では自覚症状がほとんどありません。
そのため、状態が悪化しなければ気付きません。

当院では、そうした治療後のインプラント周囲炎を防ぐ為に、インプラントの状態も含め、歯周病治療を優先して行っております。

インプラントの種類

インプラントの種類は、チタンを用いたルートタイプ と、カルシウム素材(ハイドロキシアパタイト)をコーティングした骨を呼び込む性質のものがあります。
方法としては埋め込む手術が1回で済む1回法と2回に分けて手術を行う2回法があります。
世界には100社以上のインプラントメーカーが存在すると言われていますが、日本で手に入るものは40社ほどです。10年以上の歴史を持つ主要なインプラントは10年後の生存率がどれも95%を越えて安定した成績を持っています。

当医院は、以下のように2つのメーカーのシステムがあります。

アストラテック (スクリュー/1回法又は2回法/チタンブラスト/純チタン)

アストラテックインプラントシステムは、シンプルな術式でさまざまな状況において、機能と審美性を長期において維持できるよう工夫されています。 手術時の骨の状況により1回法と2回法のいずれかを選択できる仕組みになっており様々な状況にも対応できる信頼性の高いシステムとなっています。

ブローネマルク (スクリュー/2回法/ブラスト/純チタン)

ブローネマルクインプラントシステムは、30年以上の歴史を持つ世界で一番信用されているインプラントです。歴史が長いだけにシステムも確立されており、骨の厚み、高さがあればどんな難症例もこなせると言われています。

患者さんの希望や骨の状態、審美性や部位、かみ合わせの環境に合わせて使い分けています。

インプラントの材質

インプラントの構造私たちの体は異物が入り込むと、これを吸収したり排除しようとする生体反応があります、この反応が金属で起きることを金属アレルギーといいます。
金属は常にイオン化し、少しずつ溶けていき人体に影響を与えていきアレルギーが生じていきます。ところが、チタンはイオン化しないため、アレルギー反応がほとんど起こりません。

このように、生体親和性が高く拒否反応が起きないチタンは口腔内の温度変化にも強く、対腐食性や強度にも優れているうえ、骨や軟組織が表面につく性質を持ち備えたインプラントに最も適した材質です。

一般的なインプラントの構造は、図のように、骨に埋まる部分のフィクスチャーと、かぶせ物をするときに土台となる部分のアバットメントと呼ばれる2パーツにより構成されています。
その他、フィクスチャーとアバットメントが一体になった1ピースタイプのものもあります。

インプラント治療の進め方

インプラント手術インプラントは、専門性の高い治療ですので、手術までの診査、治療計画をきちんと立てて、患者さんもしっかりと内容を把握した上で、進めていきます。

ほとんどの患者さんには、安全性をより高めるため、CTスキャンのレントゲン撮影をしていただきます。

治療期間は、およそ3~6ヶ月前後が目安ですが、顎骨の状態などにより、骨の状態を整える手術(GBRやサイナスリフトなど)が必要となる場合があります。その場合、治療期間は長くなります。

1.審査と治療計画

まず、最初にお口の状態を検査をし、治療計画を立案します。
(歯科用CTの撮影をお願いする場合もございます)

2.一時手術

一次手術は、インプラントを顎の骨に埋めるため、インプラントを埋入し縫合します。

3.二次手術

インプラントが骨に結合したら、歯肉を切り開き埋入しておいたインプラントの頭を露出させます。(必要に応じ骨の整形を行います)

4.仮歯を入れる

歯肉が安定したら、仮歯を入れます。

5.上部構造を作成

精密な型を取り、上部構造の準備をします。

6.歯を装着する

出来上がった上部構造を装着します。

ご相談・お問い合わせフォーム

たかはし歯科医院<日本歯周病学会専門医・日本臨床歯周病学会認定医:高橋圭一>
〒171-0031 東京都豊島区目白3-5-10 新緑川瀬ビル4F 電話:03-5988-2338