• 歯周病(歯槽膿漏)とは?

歯周病(歯槽膿漏)とは?

歯周病とは?

歯周病の原因である歯周病菌

歯周病菌が原因となって発症する病気です。
歯周病菌はプラーク(歯垢)の中にあり、歯石などに付着して繁殖していきます。歯周病菌は嫌気性菌と呼ばれる酸素の少ない場所を好むため、歯と歯の隙間(歯周ポケット)で潜んでいます。

細菌が出す毒素によって、歯茎が炎症を起こします。それを放置していると、炎症が慢性的に起こり、最終的には歯を支える骨(歯槽骨)を溶かしていってしまいます。

歯周病は自覚症状がなく、気付いたときにはかなり進行していることから、【静かなる病気(サイレント・ディジーズ】と呼ばれています

歯周病は早期発見、早期治療が最も重要な病気です。

歯槽膿漏とは?

歯槽膿漏

現在は歯周病という言葉で括られていますが、歯槽膿漏は重度の歯周病であると理解していただければ問題ないと思います。

強い口臭や歯がぐらついて食事が上手に食べられないなど、生活に支障が出てしまう状態まで進行しています。
最悪、歯が抜け落ちてしまう可能性が高くなりますので、早急な治療が求められます。

歯周病と全身疾患との関連性

歯周病と全身疾患の関連性の高い代表的な病気は糖尿病です。
それだけでなく、早産や心疾患にも影響があると言われています。
最近ではアルツハイマーとの関連性があるとの報告もありますが、いずれにしろ、歯周病を予防することは健康維持・向上のために必要なことだと言えます。

歯周病のチェックリスト

  • 歯茎が赤みを帯びてくる
  • 歯茎が腫れる
  • 歯磨きなどで出血する
  • 口臭が出てくる
  • 歯が動揺する(揺れる)
  • 歯茎から膿が出る
  • 歯がグラグラする
  • 食事がしづらくなる(噛みづらくなる)
  • 噛むと痛みが生じる
  • 歯が抜けてしまう

上記の症状に当てはまるものがあれば、歯周病の疑いがあるので歯科医院で検査を行いましょう。

歯周病かもしれないと思ったらこちらをお読み下さい

歯周病検査と治療法

歯周病検査と治療法

歯周病検査と治療法へ

光殺菌療法

光殺菌療法

光殺菌療法へ

歯周病の集中治療

歯周病の集中治療

歯周病の集中治療へ

軽度歯周病の症例

軽度歯周病の症例

軽度歯周病の症例

中等度歯周病の症例

中等度歯周病の症例

中等度歯周病の症例

歯周病の再発を改善した症例

歯周病の再発を改善した症例

歯周病の再発を改善した症例

歯周病は治るのか?

歯周病は治りますが、治ったといって放置していると歯周病が再発してしまいます。歯周病治療を行う上で大切なことは、歯周病が治った後、その状態を長く維持してくことが重要です。

歯周病学会の専門医と認定歯科衛生士が治療を行います。

歯周病学会の専門医と認定歯科衛生士

歯周病治療は専門性が高く、満足な結果を得ることが難しい治療の一つです。

歯周病治療は歯科医師が行なうものと思われがちですが、実は歯科衛生士の役割が重要で、歯科衛生士の技量が歯周病治療の成功を左右すると言っても過言ではありません。

当院では日本歯周病学会専門医・日本臨床歯周病学会認定医である院長と日本歯周病学会・臨床歯周病学会認定歯科衛生士が成熟した技術を持って、歯周病の治療にあたります。

歯周病でお困りの方は、当院へご相談ください。

診療予約・お問合せはこちらから

診療予約・お問い合わせ03-5988-2338

お問い合わせフォーム

診療時間
10:00~13:00--
13:00~14:00------
14:00~17:00--
17:00~19:00---
19:00~21:00------