電話:03-5988-2338 ご相談・お問い合わせ たかはし歯科医院ブログ ~歯周病から歯を守るために~

●ホーム●診察・治療●小児科>●小児歯科Q&A

たかはし歯科医院 小児科

小児歯科Q&A

Q. 歯の一部が黒く見えるのですが、虫歯でしょうか?

可能性はあります。
お子様が痛み(しみる、イタイなど)を訴えていなくても神経に伝わっ ていないだけで、実際は進行している事があります。
早めに受診をしたほうがいいでしょう。 虫歯は風邪と違い、自然には 治りません。

Q. 乳歯のムシ歯は、生え変わるから治療は必要ないのでは?

乳歯のムシ歯をそのままにしておくと、永久歯の歯並びや歯質に悪い影響があります。
乳歯のムシ歯を痛くないからといって、そのままにしたり、早い時期に乳歯を失ってしまうと、隣り合っている歯が移動して永久歯が生えるスペースが確保できず、歯並びが乱れたり永久歯が生えてこれなくなってしまいます。

Q. 歯の表面が白っぽく見えますが、何か病気でしょうか?

虫歯の初期の頃は、白く濁ったようになります。
虫歯の初期の段階であれば、削って治さなくてもフッ素塗布など の予防処置で大丈夫な場合があるので早めに受診したほうがいいでしょう。

Q. 甘いおやつは食べない方がいいですか?

ムシ歯予防のために、甘いおやつを絶対食べてはいけないということはありません。食べ方を工夫すればよいのです。甘いおやつが食べたければ、1日1回食事の後すぐのデザートにしたり、ダラダラ食べず、甘いおやつと甘くないおやつや甘くない飲み物(お茶・牛乳・水)とを組み合わせ、全部で10分以内で食べ終わる量にするとよいでしょう。
けれども、3才までは甘い物を遠ざけるのが、歯質・味覚の発達の面でも良いと思います。

Q. 転んで歯をぶつけました。どうすればいいですか?

歯の外傷の程度にもよりますが、ごく軽度の場合は、そのまま様子をみください。痛みが続いたり腫れたりしなければ大丈夫です。
しかし、見た目より重症なこともあるので、できれば歯科医院でみてもらいましょう。
歯がぐらついていたり、歯の位置が変わったり、歯が折れたりした場合は、早めに受診しましょう。

Q. 4才になりましたが、指しゃぶりが止められません。前歯が出てきている感じがしますがどうでしょうか?

4歳以降、指しゃぶりを続けてると顎を指で押し出してしまい、出っ歯のような顔貌になってしまいます。1~2年のうちに 完全に止めることができれば、自然と治ることが多いようです。

Q. 永久歯が乳歯に比べて黄色いので心配ですが?

永久歯は、乳歯に比べ時間をかけ顎の骨の中で成長するので、密度が高く乳歯より黄色いのが普通です。
歯の表面が欠けていたり、生えた後で黄色く変色してきたなら問題ですが、他の永久歯と比べて同じ色なら心配ありません。

Q. 治療を嫌がり歯科へ行けそうにありません。

ききわけのある年なら、なぜ治療をしなければならないか、根気よく説明してあげましょう。
たかはし歯科医院では最初から治療はせずに、そのお子さんに合った治療計画を立ててから治療します。
歯医者へ行くのに、嘘を言って連れて行くことは、大人に対して不信感を抱かせるのでできればしないほうがいいでしょう。

小児科の診察・治療ページ
ご相談・お問い合わせフォーム

たかはし歯科医院<日本歯周病学会専門医・日本臨床歯周病学会認定医:高橋圭一>
〒171-0031 東京都豊島区目白3-5-10 新緑川瀬ビル4F 電話:03-5988-2338