歯周病について

歯周病とは?

歯周病

歯と歯茎の間から入った細菌が、歯肉に炎症をひき起こし、さらに、歯肉の中にある歯槽骨(アゴの骨)を溶かしてしまう、これが 歯周病(歯槽膿漏)という病気です。

歯と歯茎の境目(歯周ポケット)に細菌が入り、歯肉が炎症を起こし赤く腫れて、歯磨きをすると血が出ます。でも、痛みは全くありません。さらに進行すると、歯肉の中にある歯を支えている骨(歯槽骨)が溶けて、膿が出たり歯がグラグラしてきます。 この時期になると、やっと痛みや腫れをともないます。 そして、最後には歯が抜けてしまいます。

歯周病の原因

歯周病菌

歯周病菌が原因となります。
歯周病菌はプラーク(歯垢)の中にあり、歯石などに付着して繁殖していきます。歯周病菌は嫌気性菌と呼ばれる酸素の少ない場所を好むため、歯と歯の隙間(歯周ポケット)で潜んでいます。

細菌が出す毒素によって、歯茎が炎症を起こします。それを放置していると、炎症が慢性的に起こり、最終的には歯を支える骨(歯槽骨)を溶かしていってしまいます。

歯周病の症状

  • 歯茎が赤みを帯びてくる
  • 歯茎が腫れる
  • 歯磨きなどで出血する
  • 口臭が出てくる
  • 歯が動揺する(揺れる)
  • 歯茎から膿が出る
  • 歯がグラグラする
  • 食事がしづらくなる(噛みづらくなる)
  • 噛むと痛みが生じる
  • 歯が抜けてしまう

上記の症状に当てはまるものがあれば、歯周病の疑いがあるので歯科医院で検査を行いましょう。

歯周病の段階

歯肉炎

歯肉炎

歯茎が赤く腫れたり、歯茎から出血します。

自覚症状はほとんどありません。


軽度の歯周炎

軽度の歯周炎

歯肉炎と同じような症状を伴いますが、
骨が溶け始めている状態です。
歯周ポケットの目安が3mm〜5mm程度です。

中度の歯周病


中度の歯周病

歯茎が下がった気がする、歯に隙間が出来てきた気がする、歯が浮く感じがするといった症状が感じられます。

この時には歯周ポケットの目安が5mm〜7mm程度に進行しています。

重度の歯周病

重度の歯周病

歯と歯茎の間から膿が出てくる、歯がグラグラする、進行が進んでいると歯が抜けてしまったりします。

歯周ポケットの目安が7mm以上ある場合は重度の歯周病です。

歯周病は治るのか?

歯周病は治りますが、治ったといって放置していると歯周病が再発してしまいます。歯周病治療を行う上で大切なことは、歯周病が治った後、その状態を長く維持してくことが重要です。

歯周病治療を成功させるために必要なこと

セルフケア

歯周病治療を成功させるためには、歯科医師・歯科衛生士・患者様の三者が治療成功の目標に向かって努力しなければなりません。すなわち、患者様に治療に参加していただくことが必要になります。

患者様に参加していただくためにお願いしていることがあります。

  • セルフケアのお願い

    当院で治療した後、次の来院までに自宅でのセルフケアを頑張っていただきます。この努力が歯周病治療を成功するための一つの要素になります。
  • 時間の確保

    歯周病治療は1回や2回の治療では終わりません。継続的な治療が必要になります。定期的に来院していただけるような、お時間を確保していただくことをお願いしております。  

歯周病治療の治療

  • 歯肉炎の場合
     —ブラッシング・スケーリング
  • 軽度の歯周炎
     —ブラッシング・スケーリング&ルートプレーニング(SRP) 
  • 中度の歯周病
 
    —ブラッシング・スケーリング&ルートプレーニング(SRP)

     軽度の歯周病と同じ治療だが、ポケットの深い所を重点的に治療します。
  • 重度の歯周病
     —ブラッシング・スケーリング&ルートプレーニング(SRP)・再生療法・歯周外科

※詳しくは歯周病の検査と治療法ページをお読みください。

歯周病と全身疾患との関連性

歯周病と全身疾患の関連性の高い代表的な病気は糖尿病です。
それだけでなく、早産や心疾患にも影響があると言われています。
最近ではアルツハイマーとの関連性があるとの報告もありますが、いずれにしろ、歯周病を予防することは健康維持・向上のために必要なことだと言えます。

診療予約・お問合せはこちらから

初診の方はこちら050-7582-9335

再診予約・その他03-5988-2338

お問い合わせフォーム

診療時間
10:00~13:00--
13:00~14:00------
14:00~17:00--
17:00~19:00---
19:00~21:00------