インプラント義歯

入れ歯を強力に固定するインプラント義歯

入れ歯を強力に固定するインプラント義歯

虫歯や歯周病によって歯の一部または全て失ってしまった方に対して、食事や会話を楽しくするための手段の一つが入れ歯です。

保険診療の入れ歯に限らず自由診療で製作する総入れ歯によって違和感や審美性が改善されたとしても、中々噛めずに揺れたり外れるというお悩みをお持ちの方がとても多く、当院にもよくご相談いただくケースがあります。

インプラントデンチャーは既存の入れ歯に対しインプラントを埋め込み、磁石やボタンのようなもので固定することで驚くほど外れずにかみやすくなります。

ここで紹介している症例も、もともとは保険の総入れ歯を作製しておりましたが、動いてしまうというお悩みに対してインプラントを埋めることでしっかりと噛めるようになったと喜んでいただいております。

「入れ歯は噛めない」と諦めずに、勇気を出して相談していただきたいと思っています。

部分入れ歯・総入れ歯を問わない

部分入れ歯・総入れ歯を問わない

インプラントデンチャーは部分入れ歯・総入れ歯の双方に対応しています。

目的は入れ歯を固定することですので、汎用性が高く既存の入れ歯に対しても対応することができます。

新しい入れ歯を作ることも選択肢の一つではありますが、今の入れ歯が動く以外に不満がない方は既存の入れ歯を更に良くするというイメージでご相談いただければ、きっとお役に立てると思います。

インプラントデンチャーのメリット・デメリット

メリット

  • 入れ歯がしっかりと固定される
  • 噛む力が高まる
  • 既存の義歯が使用できる
  • 部分入れ歯・総入れ歯問わない
  • 最小限のインプラント本数で済む

デメリット

  • 咬合力が高まるため、入れ歯の強度によっては割れてしまう可能性がある
  • 最小限とはいえ外科治療が必要になる
  • 自由診療である

インプラント義歯の症例

総入れ歯が動いてしまう

総入れ歯が動いてしまう

歯周病によって歯を全て抜歯する対象となる患者さんの例で、保険診療にて義歯を作製。保険で作製した入れ歯は合っているが、動いてしまうという理由でロケーター義歯(インプラントデンチャー)をご提案。
最小限のインプラント(ロケーター)で済み、さらに固定力が高まるため、既存の義歯を用いて治療が行えるというメリットもあって、患者様は意思決定されました。

入れ歯が全く動かずに、何でも噛めるように!

インプラント埋入上顎

インプラント埋入下顎

インプラントデンチャー上顎

インプラントデンチャー下顎

今まで義歯が動いて気になっていたのが、全く動かなくなったため、何でも噛めて外れないと喜んでくださいました。保険の義歯である場合、割れてしまう可能性があるため、既存義歯で可能かは、義歯の状態や噛み合わせによって変わりますので、歯科医師と十分に話し合って決定しましょう。

治療の概要

  • ・インプラントを埋入する必要がある(外科治療を要する)
    ・自由診療である
    ・既存義歯の場合、割れてしまう可能性がある

  • 治療期間:おおよそ4ヶ月(ロケーター埋入含む)
  • 治療費用:880,000円(税込)
    ※検査費・ロケーターインプラント埋入費用含む
    ※義歯を新たに作製する場合は、別途義歯作製費用がかかります

診療予約・お問合せはこちらから

診療予約・お問い合わせ03-5988-2338

お問い合わせフォーム

診療時間
10:00~13:00-
13:00~14:00------
14:00~17:00-
17:00~19:00--