歯周病検査と治療法

歯周病の検査について

歯周病の検査が必要な理由としては、歯周病はむし歯などと違い、自覚症状が少ないため、病態の把握のために検査が重要です。

歯周病検査

保険診療での歯周病検査

  • 問診
  • レントゲン検査(骨の吸収度合いの確認)
  • 歯周ポケット検査(歯周ポケットの深さを1箇所測定)
  • 口腔内写真検査5枚法(お口の中の写真を上下左右・表の5枚撮影)

自費診療での精密歯周病検査

  • 問診
  • レントゲン検査 14枚法(骨の吸収度合いがより細かくわかる)
  • 歯周ポケット検査6点法(1本の歯を6箇所測定)
  • 口腔内写真10枚以上(お口の中の写真を上下左右・表裏10枚以上撮影)
  • 細菌検査(歯周病菌の種類と数の比率を測定します。)
  • かみ合わせ検査

歯周病検査でわかること

歯周病検査

歯周病検査でわかることは、歯周病の進行度合いがわかります。歯周病検査では下記のようなことがわかります。

  • 炎症(出血)の状態
  • 歯槽骨の吸収度合い(骨がどれだけ溶けているか)
  • プラーク、歯石の付着状態
  • 排膿の有無の確認(膿が出るかどうか)
  • 歯の動揺状態を確認(歯のぐらつき度合い)
  • 歯内歯周病変の確認(歯根の病気の確認)
  • 根分岐部病変の確認(歯根の間の病気)

歯周病検査の流れ

問診票に記入

問診票の記入では、現在の状態や悩んでいることをお書きいただきます。

歯周病の検査と検査のご説明

※ここまでが保険診療での検査になっております。

精密検査

精密歯周病検査を行います。ここからは自費診療になります。
保険診療では調べることの出来ない検査を行うことができ、より歯周病のリスクを明確把握することが出来ます。

検査結果の報告と治療計画のご説明

検査結果に基づいて治療の計画を立案し、患者様にご説明致します。
患者様個々によって最適な治療方法を考案していきます。

治療開始

歯周病治療を開始いたします。

歯周基本治療

歯周基本治療

周基本治療とは、歯周病の原因を取り除き可能な限り清潔なお口の環境をつくる処置です。

歯周病の主な原因は、歯垢(プラーク)、歯石などの細菌です。原因除去とは、歯垢、歯石を取り除き、そして再び付着しないように適切な歯のみがき方をマスターすることが歯周基本治療の重要な役割です。

ですが・・・・むし歯があったり、歯が傾いていたり、グラグラ動いたり、歯垢、歯石が除去できない場合、優先的に治療し、初期治療を十分果たせるような環境づくりをすりことも重要な役割です。

歯周基本治療をしっかり行えば、歯周病の患者さんの80パーセントは、この段階でよくなります。
残り20パーセントの方が外科治療を行います。

歯周基本治療の重要性

患者様ご自身のセルフケア

歯肉炎や軽度の歯周炎は、概ねブラッシングがきちんと行えれば治ります。
患者様ご自身に治療に参加していただくことで、治療効果が格段に上がり、歯周病治療の成功率が高くなります。

セルフケアは磨くことよりも、磨けることが重要です。

歯を磨くことは、毎日皆様が行っていることですが、きちんと磨けているかどうか?というのはご自身で確認することは難しいです。

正しく磨けるようになるためには、歯科衛生士と一緒に歯磨きのチェックを行い、磨き残しがある部分や磨きにくいなどの苦手な部分を克服して、きちんと歯を磨けるようになることが歯周病治療で最も大切です。

ご自身が最も磨きやすい方法で、磨き残しなく歯を磨けるようなオリジナル歯磨きを習得しましょう。

歯周基本治療について

セルフケア、ブラッシング

患者様に適した磨きやすい方法を習得していただき、磨き残しなく歯磨きをすることが重要になります。また、患者様自身と目標を共有し、モチベーションを維持していただくことも重要になります。

咬合調整(噛み合わせの調整)

歯周病治療における咬合調整は、歯の噛み合わせのバランスを整えることが目的です。一箇所に強い力がかかったりすると、歯周病が進行してしまいますので、噛み合わせの調整をすることが大切なのです。

暫間固定(歯を固定する)

動揺している歯(グラついている歯)を固定することを言います。
歯を固定し、動きを止めることで咬み合わせを確保して、治癒を促進させます。

小矯正(MTM)

歯周病治療における小矯正の役割は大きく分けて2つあります。

  • 本来の噛み合わせの位置に戻す
    傾いてしまった歯を正しい位置に戻します。
  • 骨の増強をすることが出来ます
    
小矯正をすることで、歯周ポケットが改善されることにより、骨の増強を促す(骨植が良くなる)効果があります。

抜歯

治癒が望めない歯がある場合、抜歯をする場合があります。
治癒が望めない歯は、隣在歯に悪影響を与えるため(歯周病を進行させる)抜歯を行います。これを戦略的抜歯と言います。

歯周基本治療で治らなかった方

歯周外科治療

歯周基本治療終了後、再度検査を行います、その結果で、必要に応じて歯周外科治療を行います。歯周外科治療は歯肉に対する処置と歯肉と骨に対する処置があります。

歯周外科治療法

歯肉整形切除術

歯肉が肥大し盛り上がっている場合、歯周病の進行或は審美的問題があります。このような場合、歯肉を切除し、形態を整えることにより食べカスや歯垢の付着を予防します。比較的簡単な処置のため短時間で終了します。

フラップ手術

フラップ手術は、深い歯周ポケットが残っている場合に行います。
歯肉を開いて肉眼で直視しながら歯石を完全に取り除きます。さらに、吸収された骨の形態に異常がみられる場合、歯肉を開いて直視下で骨の形態を整えたり、感染している歯肉を除去したりします。
手術に要する時間は内容にも異なりますが、約1時間~2時間程度です。勿論、痛みはほとんどありません。

歯肉移動術、歯肉移植術

歯肉の退縮により歯根面が露出したり、長い期間に、少しずつ歯肉の退縮がみられる場合、隣接部の歯肉を移動する手術を歯肉移動術といいます。
また、上あごの抵抗力のある厚い歯肉を移植する手術を歯肉移植術といいます。

再生療法

近年、主流になってきている治療方法です。比較的軽い歯周病であれば、歯の周囲を清潔にすることで治ります。
しかし、炎症が歯根の先端の方まで侵入すると歯根の周りの骨に破壊が起こります。そして、再生療法を必要とする歯周病の多くは、歯根の周りの骨が垂直的に吸収された状態です。その治療の目的は、吸収された骨を再生させることです。
その手術の際に歯周組織再生誘導材料を手術補助の目的で使います。

エムドゲインゲル

失われた骨、線維、セメント質などの歯周組織の再生を目的として、吸収した骨の内側(歯根の周囲) にエムドゲインを注入する処置です。1999年5月、私の所属する日本臨床歯周病学会学術大会において、 エムドゲインの成果について学会を行い、多くの成功例が報告され、現在の歯周病治療の選択肢としての エムドゲイン法の真価を決定づけました。日本において、エムドゲイン法を採用し、7年経過していますが、 これからの治療経過をしっかり観察したいと考えています。

歯周組織再生誘導方(GTR法:テトロン製膜使用処置)

GTR法とは、(Guided Tissue Regeneration)1980年代の半ばに登場した方法で、骨の無くなった部分に、医療用のゴアテックスの皮膜を設置して、骨を再生させようとする方法です。
使用する膜は吸収性膜と非吸収性膜がありますが、歯周病の病態を考慮して選択します。

骨移植

骨移植(ボーングラフト)とは、歯周病等で骨が失われた部位に人工骨や自家骨(自分の骨)を移植し、骨の再生を図る治療のことです。
人工骨には主にハイドロキシアパタイトやB-TCPなどのリン酸カルシウム系の材料が使われますが、治療の成功率は自家骨に劣ります。
自家骨は腸骨や顎角部、オトガイ部などから採取し、ボーンミルなどで細かく砕いて使用します。

修復補綴治療

修復補綴治療は、通常の食生活の営みと適切な噛みあわせの機能を改善するために、仮の被せ物、ブリッジ、あるいは仮の入れ歯をある一定の期間使用します。それに続いて、最終的な被せ物、ブリッジ、そして入れ歯などを装着して、治療が終了します。これらの一連の治療を修復補綴治療といいます。

※機能的だけでなく審美的にも良好な補綴をお選びいただけます。詳しくは審美歯科のページをお読みください。

歯周病治療後のメンテナンス

メンテナンス

全ての歯周治療が終了し、長期的な健康維持のための治療をメンテナンスといいます。
そのためには、3-4ヶ月毎の定期検診に来院して頂きますが、その都度、歯のみがき法をチェックしたり、新たに付着した歯石を取り除きます。同時に、歯周病、むし歯の再発、などを早期に発見し最小限の治療で治療を行っていきます。
メンテナンスは、生涯、充実した楽しい食生活を送っていただけるようにと考えています。

そして豊かな人生を過ごすうえでの基盤になればと願っています。

診療予約・お問合せはこちらから

初診の方はこちら050-7582-9335

再診予約・その他03-5988-2338

お問い合わせフォーム

診療時間
10:00~13:00--
13:00~14:00------
14:00~17:00--
17:00~19:00---
19:00~21:00------