義歯・入れ歯治療

入れ歯(義歯)治療とは?

入れ歯・義歯治療とは、歯の無い部分を人工的な歯でおぎなう治療をいいます。
入れ歯には「部分入れ歯」と「総入れ歯」があります。良い入れ歯とは、痛くもなく、よく噛め、そして審美的であり、入れていて抵抗がなく、さらに長持ちする入れ歯が良いとされています。

症例で見る 症例前と健康な歯茎

治療前

治療前

健康な歯茎

健康な歯茎

部分入れ歯

歯が一本無い場合から一本だけ歯が残っている場合まで、歯の抜け方は様々ですが、そのような場合に「部分入れ歯」を入れます。部分入れ歯には樹脂(プラスチック)で作るものと、主要部分を金属で作る場合があります。歯を部分的に失うと、残っている歯に様々な変化が起こります。とくに歯の失った部位により噛む機能や発音、審美などの問題が起きますので早急に入れ歯を入れることが大切です。

総入れ歯

全ての歯を失っている場合に総入れ歯を入れます。全ての歯を失うと、噛む機能の低下、発音の障害、そして顔貌の変化など様々な支障が起こり、日常生活に弊害が及びます。それらの弊害を出来る限り改善し、とくに楽しい食生活を営めることを目的として「総入れ歯」を入れます。
材質は樹脂と金属があり、顎の状態に合わせて選択します。

いい入れ歯をつくる条件

いい入れ歯をつくる条件

  • 入れ歯が吸着して動かない
  • 上下の歯の噛み合わせが調和している
  • 噛んだときに噛む力で入れ歯が動かない(とくに噛む力で沈まない)
  • 右か左で噛んだとき反対側に噛んだ力が伝わらない
  • 1日中入れていても気にならない
  • 審美的である

術者は以上のようなことを考えて入れ歯をつくることが大切と考えます。

当院で可能な入れ歯治療(義歯作成)

当院では、患者様に適した入れ歯治療を行っていますが、使用する材料や入れ歯が出来上がるまでの工程、そして出来上がってからの調整などで違いが出てきます。
入れ歯治療は、保険適用のものと自由診療のものがあります。それぞれメリット・デメリットが存在するので、入れ歯の治療が必要になった場合は、納得するまで話し合ってどの入れ歯にするかを決断しましょう。

保険適用の入れ歯

メリット

  • 型取りから完成まで短期である
  • 自由診療に比べれば、安価で作成出来る
  • 修理や調整がしやすい

デメリット

  • 床(入れ歯の材質)がレジン床1つのみ
  • 人工歯の色や形の種類が少ない
  • 入れ歯の強度が低く、割れてしまうことがある
  • 装着時の違和感が顕著
  • 調整の回数が多くなる傾向にある
  • 食べ物の臭いや汚れが付きやすい

精密レジン床(自由診療)

メリット

  • 人工歯の色や形が豊富にある
  • 保険適用のレジン床よりも強度がある
  • 保険適用のレジン床よりも薄くなる
  • 保険適用のレジン床よりも薄くなる
  • 他の自由診療の入れ歯よりも安価である。(金属などを使用しないため)

デメリット

  • 金属を使用した入れ歯よりも割れやすい
  • 金属よりも厚みがあるので、装着時の違和感が多少ある。
  • 食べ物の温かさや冷たさを感じにくい
  • 食べ物の臭いや汚れが付きやすい

精密金属床:ゴールド(自由診療)

メリット

  • 貴金属なので腐食しにくい
  • ゴールドは柔らかい金属なので、フィット感がよく身体に優しい
  • 床の部分が割れない
  • 食べ物の温かさや冷たさを感じられる
  • 歯科用金属の中では、比較的アレルギーを起こしにくい

デメリット

  • 調整に時間がかかってしまう
  • レジン床に比べて費用が高い

精密金属床:チタン(自由診療)

メリット

  • 貴金属なので腐食しにくい
  • 金属床の中では最も軽く、違和感が非常に少ない
  • チタンは金属アレルギーを最も起こしにくい素材
  • 非常に薄く、食事の熱や冷たさを感じることが出来る

デメリット

  • 調整や修理に時間がかかる
  • 費用がレジン床に比べて高い

精密金属床:コバルトクロム(自由診療)

メリット

  • 金属床の中で一番安価で出来る素材
  • 耐久性が高い、丈夫で長持ちする
  • ゴールドやチタンと同じような薄さで作成出来る
  • 装着時の違和感が少ない
  • 金属なので食事の熱や冷たさが伝わる

デメリット

  • 調整に時間がかかる
  • 費用がレジン床に比べて高い

精密機能美デンチャー

メリット

  • 滑舌や発音がしやすい、とても話やすくなる(らりるれろが言いやすい)
  • 限りなく薄いので、装着感が非常に良い
  • 限りなく薄いので、食事の熱や冷たさがとても良く伝わる。
  • 入れ歯の安定感が高く、ズレにくい
  • 調整や修理の必要がほとんどない

デメリット

  • 作成までに比較的時間がかかってしまう
  • 床の調整や修理が必要になった場合時間がかかってしまう
  • 入れ歯の中で最も高額である

インプラントを利用した入れ歯(ロケーターアタッチメント)

メリット

  • インプラントで固定しているため、ほとんど外れない
  • 床が不要で、口蓋部分を開けることが出来るので、熱や冷たさ、食感などが直接上顎に伝わる
  • 滑舌や発音がスムーズに出来る(らりるれろが言いやすい)
  • なんでも噛むことが出来る
  • 現在使用中の入れ歯が使用できる
  • レジン床、金属床、機能美デンチャーの使用も可能

デメリット

  • インプラントの手術が必要である
  • インプラントをするので、時間が長くなる
  • 入れ歯の作成とインプラント手術代を入れると費用が高くなってしまう
  • インプラント周囲炎(インプラントの周囲の歯周病)のリスクがあるためメインテナンスが欠かせない

抜歯した日に入れ歯を入れる治療 (歯のない日はありません)

抜歯した日に入れ歯を入れる治療

重症の歯周病、虫歯などで抜歯しなければならない場合、通常は抜歯後1~2ヶ月後に入れ歯の型をとり入れ歯を作成し、そして入れ歯を口腔内に装着します。この場合一定の期間、歯のない生活をしなければなりません。
そこで、この対応策としては抜歯する前に型を採り、前もって入れ歯を作成しておき抜歯後、直ちに入れ歯を装着します。このような場合は入れ歯の種類、入れ歯の作成工程などにより作成時間が異なります。これに関しては、各々のお口の状態を調べたうえで判断します。

この治療を行うにあたり、最も画期的なことは、即日入れ歯が装着され、そして痛みがない、食事ができ、審美的な回復、さらに若さ、容姿をとり戻せるということです。
そして私の期待は入れ歯を入れて良かった、食生活が楽しい、会話もつい弾んでしまうなど豊かな人生を歩むうえでの礎になればと願っています。

部分入れ歯症例

上の歯の殆んどが強い動揺で食事も会話もままならない様子。多くの歯を抜き、直ちに入れ歯が必要な状態です。
上の歯を4本残し、他の歯は全部抜き、その日に入れ歯を入れ、尚、下の歯も全部の冠をはずし、樹脂の仮歯を入れ、日々の生活を可能にした状態です。

治療前

治療前

上の歯の殆んどが強い動揺で食事も会話もままならない様子。多くの歯を抜き、直ちに入れ歯が必要な状態です。

治療後

治療後

上の歯を4本残し、他の歯は全部抜き、その日に入れ歯を入れ、尚、下の歯も全部の冠をはずし、樹脂の仮歯を入れ、日々の生活を可能にした状態です。

総入れ歯症例

残っている15本の歯を全部抜き、その日に総入れ歯を入れた例
歯根周囲の骨が殆んど破壊され全ての歯を抜歯せざるを得ない重度な歯周病。
上下の全ての歯を抜歯しその日に上下の総入れ歯を入れ、満足した表情が伺えます。

治療前 2006.12.12 午前10時

治療前

歯根周囲の骨が殆んど破壊され全ての歯を抜歯せざるを得ない重度な歯周病。

治療後 2006.12.12 午後9時

治療後

上下の全ての歯を抜歯しその日に上下の総入れ歯を入れ、満足した表情が伺えます。

義歯(入れ歯)料金一覧表

※2014年4月改定 (上記料金表は税込表示です)

総義歯(総入れ歯) 上顎 ¥324,000~
下額 ¥324,000~
部分床義歯(部分入れ歯) ¥378,000~
スマートデンチャー ¥108,000~

診療予約・お問合せはこちらから

初診の方はこちら050-7582-9335

再診予約・その他03-5988-2338

お問い合わせフォーム

診療時間
10:00~13:00--
13:00~14:00------
14:00~17:00--
17:00~19:00---
19:00~21:00------